Work at Home

在宅系ワーママのブログ。4歳娘・2歳息子の母。育児・働き方・日々の学びなどを超不定期に綴ります。

在宅ワークに欠かせない自宅オフィス〜チェア比較編〜

   

在宅、しかも作業や制作が多いデスクワーク。
1日中ほぼ座りっぱなしでミーティングもオンラインが多し。

となると、やってくるのは腰痛・肩こり。
第二子の産後に首ヘルニアになりかけた私は、首こりも重症・・・

最初はダイニングテーブルでノートパソコン広げてたんですが、
オンラインで話しながら作業する時などは、さすがに厳しい。

ちょうど夫が在宅勤務OKの会社に転職したこともあり、はじめに買い足したのは椅子でした。
彼の要望で、1年半ほど前にこちらを購入。

なんやかんや、出社しないとできない仕事も多いので、使用頻度は90%わたしにうつり、快適に仕事してました。
でも、今年の6月ころに、お互いに在宅仕事の割合が増えて、どっちかが仕事するとどっちかは小汚いリビング作業に。。
ということで、さらにディスプレイと椅子を買い足し。

で、比較してびっくり。見た目的に大して変わらないかと思いきや、全然違いました。

やってきたのは、腰痛・肩こりの再来

最初は全然気にせず使ってたものの、気づけば身体が痛いことが多い。
夏の疲れかと思っていたところ、身内の都合でしばらく仕事を離れていて、再開したら2週間で頭痛にまで到達。
マッサージに行ってもみほぐして、だましだましやってきたものの、明らかに悪化してる。
姿勢か?と思い、猫背矯正ベルトをつけてみたり、アイピローや肩あっためるやつ使ってみたものの、焼け石に水。
午前中作業すると、もう午後には頭痛がひどくて寝込む始末。

ふと昨日、思い当たったのは、椅子!
椅子変えてから、おかしい!!!!

でも、ダイニングテーブルの椅子に比べたら、楽天チェアもぜんっぜん快適。100倍は良い。
が、エルゴヒューマンで甘やかされた私の身体には不足していたようです。。

ということで、エルゴヒューマンを夫のデスクから、さりげなく奪ってきました。
しばらくは夫と作業がかぶる時だけ椅子をチェンジするか、いっそ買い直すか・・・
もう少しお安ければ、躊躇なく投資するんだけどな。

使用感の違い

使ってみて思う、違うところは以下。

腰のサポート

腰痛の大きな原因かと思われる、腰のサポート。
どちらもクッションみたいなものがついているんだけど、弾力感が違う。
エルゴヒューマンの方が、ぐぐっと押し上げてくれる感じがします。

リクライニング

楽天チェアは段階でリクライニングが調整できるが、エルゴヒューマンはできない。
でも、その分エルゴヒューマンは身体の動きにあわせてしなやかに背もたれが前後します。
それが姿勢が悪くならず、ついついリラックスしたい時にも姿勢良く保ってくれるのかと思います。

キャスター

これはあんまり関係ないけど、キャスター部分がエルゴヒューマンは劇的にスムーズ!!
必ず椅子を出し入れするので、毎日の動作としては意外とストレスを感じる部分みたいです。

結論:椅子って大事

これで治るかは後日要観察ですが、たぶん回復するはず。

毎日のことだから、自宅設備への投資も大事だなぁと見直す日々です。
前も無印のベッドからシモンズのベッドに買い替えて、産後の腰痛肩こりがかなり改善したのを思い出した。

ホント、フリーランスは身体が資本。
頭痛で作業ができず、身悶えする日々にそろそろおさらばしたいものです。

おまけ

ディスプレイはこれ。1万円ちょっとと、安いのに何の不足もない。
メイン機は打ち合わせにも持っていけるノートパソコン派なので、ディスプレイがあれば普通のウェブ構築には十分です。
気に入って2台目もこれ買いました。

 - 働く場所 , , , ,